HOME > 活動報告

活動報告  2010年5月

2010年5月19日

参議院選に向けての街宣活動・駅立ち開始

7月11日予定の第22回参議院選挙が近づいて参りました。

郵政民営化法案や地球温暖化防止法案などの重要法案が未だ採決されておりませんので、7月25日投票日になることも予想されますが、あくまで6月25日公示、7月11日投票日の予定で頑張るつもりです。
5月10日(月)から中田秘書とともに、月曜日から金曜日までJR新三田駅、JR三田駅と交互に駅立ちを開始しました。笠谷圭司三田市議会議員も都合がつけば参加してくださり心強い限りです

末松信介参議院議員選挙予定候補者のマニフェストや、自民党の広報も結構受け取っていただき意を強くしています。
7月9日まで頑張るつもりです。

県会議員キャラバン隊も活動を開始しました。5月15日(土)、5月18日(火)自由民主党街宣車2号で旧三田市街、ニュータウンを街宣致しました。
15日は県立有馬富士公園前、ウッディタウンサティ前で、18日はJR新三田駅前、下深田マックスバリュ前、市役所前、JR三田駅前、そして私の地元西山にてスポット演説を致しました。
ウッディタウンサティ前は末松参議院議員もかけつけてくださいました。

私のスポット演説の要旨は次の通りです。

昨年8月30日第45回総選挙に於いて自民党は大敗を喫しました。自民党にも負けても仕方のない理由が多くあったことは否めません。

9月16日民主党、国民新党、社民党の連立政権が誕生、鳩山内閣が発足しました。
スローガンは「国民のくらしと命を守る」であります。景気は回復基調にあるとのことですが、皆さんの暮らしは楽になられたでしょうか。
私には中小企業経営者やサラリーマンなどの友人がいますが口をそろえて去年よりもかえって悪くなったと言うのが実感だと言っています。

深刻さを増す「10年デフレ」に克服のメドが立たず、経済は低成長にあえぎ、財政は破綻の瀬戸際にあります。財政規律もあったものではありません。鳩山内閣は日本経済再生へ政策転換を急がねばなりません。

5月7日、読売新聞の朝刊に鳩山経済政策いかにあるべきか次のように掲載されていました。
(1)マニフェスト不況を断ち切れ
(2)コンクリートも人も大事だ
(3)雇用こそ安心の原点
(4)内需と外需の二兎を追え
(5)技術で国際競争力を勝ち抜け
私はこれらについて自分の能力の限り解りやすく説明したつもりです。何人の方々にお聞きいただけたかわかりませんが。

我が国の一人当たりの国内総生産、2000年には世界第3位であったものが2008年には第23位、
またスイスの国際経営調査機関・IMDによると1990年に世界第1位であった国際競争力ランキングは、2009年には第17位にあまんじています。
これらは昨年8月までの自民党政権にも責任がありますが、今のままの鳩山経済政策では日本は沈没してしまいます。

はっきり申し上げます。
民主党には経済対策はできません。
自民党でなければでなければできません。
来る参議院選自民党議員を増やし衆参ねじれまで持って行かない限り、日本は破滅してしまうでしょう。
兵庫選挙区は三田市とも深いご縁のある末松現参議院議員に勝利をもたらせていただきたい。
元気な日本再生、活力ある兵庫、そして三田実現のために。

全身全霊をささげて自民党、そして敬愛する末松信介現参議院議員のために頑張ることをお誓い申し上げます。